台風十号による大雨・土砂災害

ボランティア活動報告


 一昨年、8月30日に上陸した台風十号により被災されました皆様、今現在、仮説住宅での生活を余儀なくされている皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

 さて、当会といたしましては、災害発生直後より、久慈市・宮古市・岩泉町にて支援物資の搬入、土砂撤去作業を中心にボランティア活動を続けてまいりました。 その際、各県より岩手まで足を運んで下さいました青年会・有志の皆様、本当にありがとうございました。


全国・福島・岩手県曹洞宗青年会
合同ボランティア(岩泉町公民館)


高昌院本堂裏にての土砂撤去作業
(宮古市)


秋田県・山形県・愛知県岩手県
曹洞宗青年会合同ボランティア
重機を運転しているのは愛知県曹青の皆様
(岩泉町公民館)

宮城県・岩手県曹洞宗青年会
合同ボランティア(宮古市)


秋田・青森・岩手県曹洞宗青年会
合同ボランティア(岩泉町)


偶然一緒に活動しました
「なすび」さんと記念に一枚(岩泉町)


 また、昨年より岩泉地区仮説住宅において、昨年5月5日、7月24日と傾聴活動「お茶っこサロン」を開催してきました。 先月21日には「東北地区連絡協議会」の皆様とご一緒させて頂き、サンタに扮しての薪配り、傾聴活動をしてきました。 来月は岩泉での「お茶っこサロン」を企画しております。年度終わりとなりますが、今までの活動をご報告させていただきます。

岩泉にて第1回目の「お茶っこサロン」
(昨年5月5日 於 岩泉)


食事をいただく前のお唱え
五観の偈の歌を皆さんと一緒に


第二回「お茶っこサロン」
(昨年7月24日 於 岩泉)


暑い中での第二回目となりましたが
今回も沢山の方に来ていただきました


東北地区連絡協議会の皆様
(昨年12月21日)


各家庭へサンタの帽子を被り
一軒一軒薪を手渡ししてきました